アイキララは茶クマに効果なし?色素沈着は改善できるの?

茶クマ

 

目元の悩みで一番年齢層が広いのは「クマ」ではないでしょうか?

 

しわやたるみはある程度年齢を重ねてくると、どうしても避けて通れないものなのかな~と思ってしまうのですが、クマは若くてもできます。

 

それは、クマができる原因が加齢以外にもあるからです!

 

アイキララは目の下の悩みに高い効果が期待できるアイクリームと言われていて、目元のしわやたるみの他、クマにも高い効果が持てます。

 

目の下が暗いと「病気なの?体調悪いの?」という印象を人に与えてしまいますし、メイクでカバーするのも一苦労☆

 

男性も目の下にクマがくっきりと表れていると、疲れ切っているような印象を与えてしまって職場での信頼も揺らいでしまいかねません。

 

アイクリームで改善できるものなら、キレイに改善してしまいたくないですか?

 

まず、あなたのクマの原因がどこにあるのか?アイキララでも改善できるのか?そこを見極めていきましょう!

 

クマには種類があり、種類ごとに原因と最も効果的な対処法があるので、ご紹介していきますね(^^)

クマの種類は3種類!アイキララで改善できるクマはどれ!?

クマ

 

まずクマの種類からご説明します。

 

クマには青クマ・黒クマ・茶クマと大まかに分けて3種類存在します。

 

それぞれのクマの原因と対処法をご紹介します。

 

【青クマ】

 

目の下がアザのように青っぽく見えるクマです。

 

原因は血行不良であることが多く、睡眠不足や不摂生、不規則な生活習慣から作られることが多いです。

 

普段から肩こり症だったり、ヘビースモーカーの人はできやすいと言われています。

 

また、遺伝的な体質により元々目の下の皮膚が薄く、子供頃から目の下が青くなっている人もいます。

 

規則正しい生活を心掛け、体を温める食物を摂ったりマッサージをしたり、ストレスを溜めないようにすることで改善することができます。

 

体質的に青クマがある方は、体質改善だけではクマが改善しない場合もあります。

 

美容皮膚科や美容外科に相談すれば人工的にクマを改善することも可能です。

 

【黒クマ】

 

目の下が黒ずんで見えるのが黒クマです。

 

主な原因は目の下がたるんでいることから、そのたるみが影となって黒っぽく見えてしまうことです。

 

ですから、目の下のたるみを改善することで黒クマを一緒に改善することが可能です。

 

目の下がたるんでしまうのは加齢もありますが、アイクリームなどでしっかり保湿して、目の周りの筋肉を鍛える必要があります。

 

早い段階でしたらセルフケアでも十分改善できるでしょう。

 

あまりにもたるみが進行してしまうと、美容外科の手を借りなければ改善は難しくなってしまいます。

 

【茶クマ】

 

目の下にシミのようなクマができているのが茶クマです。

 

原因は色素沈着、そう!まさにシミになっている状態なんですね!

 

青クマが黒クマになり、茶クマに変化することも多いです。

 

目の下が暗くなっていると、どうしてもその部分に紫外線が当たりやすくなります。

 

クマができやすい人は、しっかりUVケアをしないと最終的には茶クマに進化してしまいます。

 

こうなるとシミと同じ対処法しかありません!そう!美白ですね!!

 

でも小さなシミでさえ、美白化粧品で消すことは容易ではありません。

 

茶クマは一番厄介なクマと言えるでしょう。

 

色素沈着がかなり進んでしまった場合は、美容皮膚科か美容整形などの専門医の手を借りるしかありません。

 

 

アイキララ

上記のことからもアイキララで改善できる可能性のあるクマは青クマと黒クマであることが分かるかと思います。

 

茶クマの場合、色素沈着がそれほど進んでいない場合はアイキララでも改善できる可能性があります。

 

自分の目の下のクマが何色のクマなのか判断しにくい時は、試しにアイキララを使ってみるというのも一つの方法です。

 

アイキララを塗り続けてみて、クマが目立たなくなったらラッキーじゃないですか?

 

元々クマができやすいという方は、茶クマになってしまう前に早目に目元のお手入れをスタートさせましょう!

 

メイクでクマを隠せない男性も、日頃のUVケアだけはしておきましょうね!
 

 

 

購入はコチラから♪⇒モニターの80%がその効果を実感!『アイキララ』


TOPへ