目元のしわをメイクでカバーする!キモはハイライト!

この記事でご紹介している内容♪

  • 今そこにある目元のしわをカバーするには?
  • 目元のしわをカバーするために味方にするアイテム
  • 目元のしわを隠す最強アイテムはハイライト!

 

目元のしわ

 

一度できてしまった目元のしわは、なかなか消すことができません。

 

もちろんケアもするけど、取りあえず今スグ隠したい!という方も多いと思います。

 

夏に油断すると乾燥が始まる秋口に、一気に目元がしわしわになってしまうことがあります。

 

湿気の多い日本の夏は、ついつい保湿をサボってしまいがちですよね^^;

 

そのツケが秋から冬にかけて目元にやって来るんです☆

 

乾燥してしまった目元にいくらファンデーションを塗っても、なかなかキレイにしわは隠れてくれません。

 

厚塗りすればメイクが崩れやすくなり、逆にしわが目立つ結果になります。

 

目元のしわが目立たないファンデーションの塗り方はコチラの記事で紹介しています♪
⇒目元のしわはファンデーションを塗るとかえって目立つ!?

 

今回はファンデーション以外のアイテムで目元のしわをカバーする方法をご紹介したいと思います。

目元のしわをカバーするために味方にするアイテム

まず目元のしわをカバーするためには、乾燥対策を万全にしましょう!

 

そのためにはスキンケアにアイクリームをプラス♪

 

目元の皮膚は顔の中でも一番薄い部分なので、とても乾燥しやすいんですね。

 

ですから、他の部分よりも一手間かけて保湿しておきましょう。

 

そして、自然な仕上がりを目指すならコンシーラーがあると便利!

コンシーラー

 

コンシーラーって、通常はシミやクマを隠すアイテムですよね?

 

実はコンシーラーを目元のしわに塗っておくと、より乾燥を防いでくれるんです。

 

コンシーラーには色々なタイプがありますが、目元に塗るなら筆ペンタイプが使いやすいです。

 

テクスチャはなるべく柔らかい物を選ぶのがポイント。

 

固めのコンシーラーはメイクがヨレる原因にもなります。

 

コンシーラーには塗る順番があって、筆ペンタイプならばファンデーションの前になります。

 

スティックタイプやペンシルタイプはファンデーションの後になります。

 

ただし!ファンデーションがパウダーの場合はコンシーラーが先。

 

リキッドの場合はコンシーラーが後。

 

ちょっとややこしいですが、気を付けてみてください☆

 

塗る時のポイントは、コンシラーラーはしわの部分よりも広めに塗ること。

 

あくまで薄く塗り、馴染ませたら一旦スポンジで抑えるといいですよ。

目元のしわを隠す最強アイテムはハイライト!

コンシーラーを上手に使えないという方が多いと思いますので、ここで最強アイテムをご紹介します。

 

ペンタイプの白っぽいハイライトをご用意ください!

ハイライト

 

肌色よりも明るいハイライトを使うことで、しわによって影になりやすい部分がぐっと明るくるなるんです。

 

この方法は目元のしわだけじゃなく、ほうれい線を隠すのにも使えちゃいます。

 

下地を塗ったら、気になる目元のしわにハイライトを塗っていきます。

 

コンシーラー同様、広めに塗るのがポイント!

 

しわだけにハイライトを入れると不自然な仕上がりになるので、しわを覆うくらい広めに塗りましょう。

 

ファンデーション

スポンジでハイライトを馴染ませますが、この時、下から上に向かって馴染ませるといいですよ♪

 

白色が浮かない状態になったら、粉おしろいをフワっとつけます。

 

あくまでフワっとつけるのがポイントです!

 

目元以外はファンデーションを塗って、ハイライトとの境目をぼかします。

 

ハイライトを塗った目元にはくれぐれもファンデーションを重ねないこと!

 

重ねてしまうと厚塗りになってしまい、時間が経てば経つほどしわがかえって目立って来ます。

 

もし目の下にクマがあって隠したい!というかたは、コンシーラーをちょこっと塗ってみてくださいね。

 

一番のキモは全てのアイテムを「薄く塗る」ことですよ!

 

是非、試してみてくださいね(^_-)-☆


TOPへ